ご利用案内

ご利用の注意

ご利用上の注意、利用の変更・取消、守っていただくことについてご案内いたします。

利用を許可できない場合

下記に該当する場合、利用を許可できませんのでご注意ください

  1. 施設の管理上、支障があるとき。
    1. 定員を超えるおそれのあるとき。
    2. 騒じょう・紛争等の起こるおそれがあるとき。
    3. 建物及び付属施設等を損傷するおそれのあるとき。
  2. 他の施設利用者に迷惑をおよぼすおそれのあるとき。
  3. 公共の福祉を阻害するおそれがあると認められるとき。
    1. 催しの内容が公共の安全を害し、公の秩序、善良なる風俗を乱すおそれがあるとき。
    2. 主催者または出演者が公共の安全を害し、公序良俗を乱す反社会的団体であったり、その団体に所属している場合。
      ※レザンホールは文化の振興を目的とした施設であり、商品の説明会や物品の販売行為を禁止しております。(催し物に付随したCD販売等は除く)
      次の何れかに該当する場合は、物品の販売を意図、または販売につながる行為と判断し、施設の利用をお断りします。
      1. 金品の授受
      2. 展示品への金額表示(金額表示されたチラシ等の配布を含む)
      3. 購入を働きかける行為
      4. 購入の相談
      5. 購入申込書の配布及び受取
      6. 契約行為
      7. 信販会社等による説明・相談
      8. 商品チラシの配布(展示品・非展示品を問わない)

      このほか、特殊販売等消費者保護上問題の発生しやすい講習会、不特定多数を集めておこなう布教活動・勉強会、会員を獲得するための説明会や、姓名判断、手相鑑定、身の上相談、整体等についてもお断りします。

利用の譲渡の禁止

施設等を利用する権利を譲渡し、または転貸しすることはできません。

利用の変更・取り消し

  1. 利用の変更、取り消しをされるときは「利用許可変更・取消申請書」に利用許可書を添えて提出してください。
  2. 利用取り消しの場合で、次の区分に該当する場合に限り利用料の一定額をお返しします。
施設名 事由又は期日 返還割合
ホール及び付属施設 利用者の責めによらない事由で利用できないとき 100%
ホール
(同時利用のギャラリー・リハーサル室・楽屋を含む)
取消申請書が利用日の6月前までに提出されたとき 75%
取消申請書が利用日の1月前までに提出されたとき 50%
ギャラリー・リハーサル室・楽屋 取消申請書が利用日の1月前までに提出されたとき 75%
取消申請書が利用日の7日前までに提出されたとき 50%

守っていただくこと

主催者は次のことを守っていただくとともに、入場者にも徹底をして下さい。

  1. 他人の迷惑になるような行為はしないこと。
  2. 収容定員を超えて入場させないこと。(大ホール1206人 中ホール409人)
  3. 入場者の安全確保の措置を講じること。
  4. 利用を許可されていない施設を利用したり立ち入ったりしないこと。
  5. 関係者以外の舞台・楽屋への出入りをさせないこと。
  6. 施設・備品を大切にし、損傷しないこと。
  7. 施設または備品に特別な施しや、その現状の変更をしないこと。
  8. 備品を利用場所以外に持ち出さないこと。
  9. 施設内に爆発物・可燃物・銃刀剣類等の危険物を持ち込まないこと。
  10. 許可なく火気を使用しないこと。(舞台の演出上必要がある場合は、事前に職員に申し出てください。)
  11. 所定の場所以外で飲食や喫煙をしないこと。(ホール内の飲食は禁止)
  12. 指定の場所以外にセロハンテープ、画鋲等で貼紙をしたり、釘類を打たないこと。
  13. 所持品の管理をすること。(物品等のお預かりはしません。また、盗難等の責任は負いません。)
  14. 許可なく、寄付金品の募集、物品の陳列、物品の販売をしないこと。
  15. 施設内にペット類を持ち込まないこと。ただし、ほじょ犬を除きます。
  16. 空き箱等のごみは全て持ち帰ること。
  17. 管理者が管理上の必要に基づいて行う指示に従うこと。
  18. 主催者は、最終退館まで残って事務職員の確認を受けること。

※これらを守っていただかない場合は利用をお断りする場合があります。
※めいていしている者、その他施設の管理上支障があると認められる者の入館を禁止し、または退館を命ずることがあります。

Copyright (c) 2017 RAISIN HALL.SHIOJIRI All Rights Reserved.